ニュカンチ・ニャン 〜プロフィール〜
ニュカンチニャンはエクアドルのアンデス民族音楽の代表的なグループの一つとして知られている。
その始まりは、1985年に開催された有名な民族音楽祭、ニュカンチ トノに初めて参加した時にさかのぼる。このイベントが彼らのプロ活動の出発である。
彼らの音楽に対する情熱とプロ意識はすぐに認められ、エクアドル国内のあらゆる音楽や文化的なイベントに招かれた。
1987年、初めにコロンビアの様々なイベントに招待され、国際的な活動が始まった。
それ以降、ベネズエラ、チリ、アルゼンチン、ボリビア、キューバ、メキシコ、カナダのイベントに参加し、フォルクローレの世界で有名なアーティスト「カルカス」「インティイリマニ」「イサベルパラ」と共演した。
南米での成功をきっかけに、彼らはヨーロッパ各国(デンマーク、スイス、ドイツ、フィンランド)へ進出するようになった。
中南米やヨーロッパでの経験を経て、90年代前半に5枚のCDをリリースし、エクアドルとヨーロッパで大成功を収める。
2006年に初めてアジア(韓国)でツアーを行い、高い評価を得る。
自分達の文化と音楽に対する情熱がグループの支えとなり、現在はポルトガルを拠点にし、オリジナルメンバーに加え、エクアドルで注目されている若手アーティストを参加させ、活動を続けている。
2009年の初来日公演でも彼らの演奏は高い評価を受け、エクアドル伝統音楽グループ「ニュカンチニャン」としての新しい道を開いたといえる。
 
メンバー紹介
Copyright (c) Ñucanchi Ñan - Native Spirits. All Right Reserved.